介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

80 views

お湯につかるだけで汚れが落ちる? 「マイクロバブル」のお風呂を介護施設に導入するメリット


制作:経営会議ドットコム 広告企画グループ

 お風呂にゆったり浸かることは、食事とともに高齢の方の楽しみの1つ。心身の健康につながる大切な要素ですね。ただ、入浴自体が億劫な方もいたり、介護者の負担が大きいことも課題となっています。今回は、超微細の泡を用いて汚れを落とす入浴装置「マイクロバブルトルネード」をご紹介します。この装置を実際に導入されている、サービス付き高齢者向け住宅「はっぴーらいふ新大阪」の比嘉博嗣施設長に、ご利用の状況についてインタビューしました。

「マイクロバブル」

 通常の1000分の1以下という超微細の気泡。水と空気を用いて発生させる。微小なゴミを吸着して水面に浮上させる性質を持ち、カキの洗浄や水質浄化等、幅広い分野での活用に注目されている。

「マイクロバブルトルネード」

 マイクロバブルを用いた入浴装置。お湯に身をゆだねるだけで、泡が肌の老廃物を吸着して取り除く「優れた洗浄力」と、気泡の刺激による「温浴効果」が特徴。株式会社サイエンス(大阪市)の登録商標。
 その他の効果は次の通り。
●全身をソフトマッサージ(特殊ノズルにより、浴槽全体に対流)
●リラクゼーション効果(ジェットバスと異なり、音も静か)
●ストレス除去(水流のやさしい揺れと泡による刺激)

「マイクロバブル」を導入したきっかけは何ですか?


 体を清潔に保つことは、とても大切なことですので、私たちの施設では、以前から入浴に重点を置いてきました。「マイクロバブル(トルネード)」を導入する前は、月初めの1週間に、「バブ」などの入浴剤を使って、温泉気分を楽しんで頂いていました。

はっぴーらいふ新大阪の施設長比嘉博嗣さん

●スタッフが体験し、「良さ」を実感

 「マイクロバブル」との出会いは、たまたま社長同士が知り合いだったことです。スタッフが、実際に入浴を体験させてもらったら、とても評判が良くて。入った後に湯垢がついていて、本当に汚れが取れているのを体感することができました。

 良いサービスができるのは、スタッフがいるからこそです。ただ、スタッフの人員確保は本当に大変です。「マイクロバブル」の導入により、入居者さんの満足と、スタッフの労働負担の軽減につながることが分かり、「仕事をしやすい環境になるなら、全施設に入れましょう」ということになりました。

入居者さんの満足度は、いかがですか?


 毎日、泡のお風呂に入ることができるので、「うれしい」という声がいちばん多いですね。「入っていて気持ちええわ」と、喜んで頂いています。高齢の方々は、食べることが楽しみの1つだと思いますが、その次にお風呂がくるのではないかと思います。お風呂を楽しみにしていただけるのはうれしいですね。

●「お風呂の回数を増やしたい」という声も

 前よりも長く浸かるようになった方も多く、お風呂から上がってもらうのが心苦しいくらいなんですよ。あまりに長湯しますと、体に負担がかかりますので。
 もとはシャワー浴をされていた方が、お風呂浴に移行されたケースもあります。また、「お風呂の回数を増やしたい」という希望も頂いて、プランを変更した例もありますね。

マイクロバブルの仕組み

スタッフの方の反応はいかがでしょう?


「お湯につかるだけで汚れが取れる」「温泉の気分が味わえる」ということで、入居者さんの入浴意欲が高まったこともあり、スタッフの精神的な負担、労働的な負担がともに軽減しているようです。

●入浴介助へのストレスが軽減

 以前は、入浴を嫌がる方への対応に苦慮したり、「今日も体を洗わせてもらえなかった…」と肩を落としているスタッフの姿も見られました。そういった「体を洗わなくてはいけない」という義務感に縛られていたストレスについても、和らいだと思いますね。

●「みなさんの清潔を保つことができて、うれしい!」

 お風呂について、入居者さんのご要望は本当にさまざまです。
「お風呂が苦手。体にも触ってほしくない」
「お風呂が大好き。できれば背中も流してほしい」
「マイクロバブルトルネード」の導入によって、こういったお1人おひとりの気持ちに寄り添うことができるようになりました。「みなさんの清潔を保つことができて、うれしい」というのが素直な感想です。

 また、次の方に気持ちよく入っていただきたいので、お1人が入浴されるごとにスタッフが清掃しています。清掃の際に、湯船についた湯垢を見て、スタッフは「お風呂に浸かっていただいているだけで、本当に汚れが落ちてるんだな」と安心感を抱くようです。スタッフのやりがいにもつながっていますね。

経済面やメンテナンスについてはどうですか?


 導入コストはかかりますが、入居者様の満足度やスタッフの負担軽減を考えると、導入して良かったと感じます。工事は、数日に分けてもらい、夕食などお風呂を使わない時間帯に行っていただきました。作業の音が響くこともありませんでしたね。

 メンテナンスは簡単なので助かります。最低でも月に1度は、ジェット噴射に切り替えて洗浄しています。浴槽の配管用洗浄剤を使うと、驚くほど汚れが出るんですよ。体の老廃物が取れている証ですね。

 また、温浴効果が高いので、湯温を低めに設定することができます。入居者さんのお好きな温度よりも、1、2度低く設定するよう、スタッフで共通認識を持っています。

メンテナンス1 メンテナンス1

「マイクロバブル」導入による施設のPR効果はありますか?


 そうですね。「マイクロバブルトルネード」を備えているというだけで、ワンランク上のサービスが提供できますし、アピールポイントが増えて助かっています。

 設備が良くなっていくことで、スタッフの負担軽減につながりますし、入居者様にも喜んでもらえます。さまざまな介護施設の中でも、付加価値があるので、私たちの施設について、自信を持ってアピールすることができています。

●清潔を保つことができる設備として、高い関心

 見学に来られる方の優先順位は、料金であったり場所であったり、みなさんそれぞれですね。でも、毛穴の中まで汚れが取れるという「マイクロバブルトルネード」に興味を持たれるご家族は多いですね。入居者ご本人よりも、ご家族が喜ばれます。「私が入りたい」と言われる方もいらっしゃいますよ(笑)。
 清潔を保つことができるというのは、重要なポイントと考えられているのを感じています。

●「マイクロバブルトルネード」の問い合わせ先(株式会社ワクレア:神戸市)
http://microbubble.life/

●「はっぴーらいふ新大阪」
http://property-care.co.jp/facility/shinosaka/

*マイクロバブルトルネードの資料請求はこちらから

マイクロバブルトルネード

本テーマに関係する関連記事まとめ