介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

224 views

地域の介護施設が一致団結!独自制度でケア向上[羊蹄山ろくケア向上委員会](1)


制作:吉田 匡和(フリーライター)

企業において人材育成は重要な課題ですが、どこの施設においても教育担当者の不足や、教育に充てる時間が確保できないと言う悩みが尽きません。こうした問題について、北海道の羊蹄山麓にある介護施設の職員が協働し、独自のケアライセンス制度を創設しました。その取り組みについて、羊蹄山ろくケア向上委員会の委員長福山典子氏(ニセコ町 ぐる~ぷほ~むきら里管理者)に話を伺いました。

羊蹄山麓施設の結びつき


日本百名山に選ばれる羊蹄山。その山麓にある倶知安町、ニセコ町、喜茂別町、京極町、蘭越町、真狩村、留寿都村の7つの町村には、それぞれに高齢者施設があり、交流が盛んにおこなわれています。その一つである「羊蹄山ろくケア向上委員会」は、介護主任らを中心に集まり、地域の高齢者介護の向上を目指しています。

真狩羊蹄園

[写真提供:真狩羊蹄園]

ケアライセンス制度創設の契機


羊蹄山ろくケア向上委員会で話し合われた2つの出来事が、ケアライセンス制度を創設の原動力になっています。

<新人職員の戸惑い>

羊蹄山ろくケア向上委員会では、毎年5~6月にかけて「新任職員研修会」を実施していますが、新任職員から「先輩職員に指導を受けているが、やり方が統一していないため、どれが正しいのかわからない」と言う意見が多く寄せられました。長年介護を行っていると自己流が身につき、基本から外れたケアを行うことも少なくありません。基本となるマニュアルが存在しない施設もあり、ケアの統一が必要でした。

<事業所ごとに異なるケア>

倶知安町、ニセコ町、京極町の3町の、それぞれ異なる施設で短期入所生活介護(ショートステイ)を利用していた方が、蘭越町の入所施設に長期入所した際、ケアの統一が図られていないため、一人の利用者に対して異なるケアが行われていたことがわかりました。「事業所が変わったとしても利用者が望むケアの方法やサービスは統一しなくてはならない」と言う反省から、羊蹄山麓の施設全体でケアの方法を統一する案が上がりました。

ケアライセンス制度のためのツール作成


共通のケアを行うためには共通のツールの開発が必要です。羊蹄山ろくケア向上委員会は、多忙な業務と並行して、3つのツールを開発しました。

<3大介護を中心としたテキスト>

まずは、食事、排泄、入浴の3大介護を中心としたテキストを作成。重視したのは「なぜそのケアを行うか」と言う「根拠」。例えば、食事前にトイレに誘導するのは「排泄を済ませて、気持ちよく食事をしてもらう」、「食事前に声をかける」ことは、「意識の覚醒を確認することで誤嚥を防ぐ」と言う目的が存在します。それらを明文化しました。

他にも「目線をそろえて話す」など、当たり前と思えることも掲載しています。限られた時間の中で様々なケアを行うと、次第に利用者のプライバシーや安全、尊厳よりも効率が優先し、人道的な配慮を忘れがちになります。新人のうちに、利用者への配慮を学ぶことは必要ですし、ベテラン職員も自分の対応を振り返る機会になります。

<DVDでケアを可視化する>

テキストの内容を可視化するために、3大ケア方法を撮影したDVD(20~40分)を作成。「目で見て学んでもらう」と言う内容になっています。羊蹄山ろくケア向上委員会が、それぞれの委員の施設で撮影した手作りの教材のため、撮影中に利用者の声が入ってしまい何度か取り直したと言う苦労もあり、製作期間は5年も要しました。

<チェック表による自己評価>

ケアライセンスは、テキストとDVDの二つを照らし合わせて、独自に作成したチェック表を用いてスキルを自己評価します。今後は各施設の羊蹄山ろくケア向上委員による相互評価、最終的には他の施設の羊蹄山ろくケア向上委員の外部評価を経て、ケアライセンスを認定する予定です。

問題をしっかりと受け止めて地域の施設全体で対策にあたる。壮大な計画の話は尽きません。後編ではケアライセンス制度の狙いや効果、今後の展望についてお伝えします。

地域の介護施設が一致団結!独自制度でケア向上[羊蹄山ろくケア向上委員会](2)

■著者■ 
吉田 匡和
フリーライター
福祉業界では20年のキャリアを誇り、福祉系専門学校教職員、老人保健施設相談支援員、特別養護老人ホーム・デイサービスセンター生活相談員、特別養護老人ホーム事務長として勤務。退職後はフリーライターとなり、WEBを中心に活動している。社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーターの資格を保有。

本テーマに関係する関連記事まとめ