介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

52 views

介護福祉業界ニュースヘッドライン【28年5月9日週】


制作:経営会議ドットコム 編集グループ

静岡県、若年性認知症ガイドブック作成 患者、家族の声や専門家の寄稿など掲載

[5/9 産経新聞]
静岡県は、若年性認知症の患者やその家族・関係者を支援するための冊子「ふじのくに若年性認知症支援ガイドブック」を作成した。患者、家族の声のほか、具体的な相談事例や専門家の寄稿を掲載していて当事者がすぐに参考にできる内容に仕上がっている。患者が利用できるよう市町や地域包括支援センターなどに1000部を配る。
詳しく読む


訪問系介護サービス 半数超で看取りケア実施 浜銀総合研究所

[5/12 シルバー新報]
浜銀総合研究所は、訪問介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、小規模多機能型居宅介護の3種類の看取り期のサービスの実態を調査。訪問介護や定期巡回では半数以上、小規模多機能でも3割超が実施しているが、職員の確保や医療的処置の問題から、現状以上に対応は困難な事業所も少なくなかったと発表した。
詳しく読む


ケアマネ業務応援します 現場の意見で分かりやすく 八王子市

[5/12 シルバー新報]
東京都八王子市はこのほど「八王子市ケアマネジャーガイドライン」の2015年改訂版を発行した。八王子市の実態に即した内容を中心に、ケアマネ業務に必須の膨大な関連法規、市の解釈通知、書式を解説入りで紹介。「ケアプランを自己作成したい」というあまりない事態に遭遇しても、実務的な対応方法を調べることが可能だ。
詳しく読む


子育て・介護に力点 骨太方針 諮問会議が骨子提示、月内に決定

[5/12 産経新聞]
政府は経済財政諮問会議で、経済財政運営の指針「骨太方針」の骨子を示した。名目国内総生産(GDP)600兆円達成に向けて成長力を強化するため、子育て支援や介護の環境整備などの社会保障政策の充実を強調。景気回復による税収増を社会保障関連の財源に充てる方向性も明記。月内の閣議決定を目指し、具体化の作業に入る。
詳しく読む


夜間の准看養成で高齢者を医介の担い手に-日慢協・武久会長

[5/12 医療介護CBニュース]
日本慢性期医療協会の武久洋三会長は12日の定例記者会見で、准看護師の資格取得を修了できる夜間のコースを全国各地に設け、医療や介護の仕事に就く高齢者らを増やすべきと提言した。夜間のコースは、既存の看護学校などの設備を利用でき、低コストで医療・介護の担い手を増やすことができるといったメリットも挙げた。
詳しく読む


訪問介護や居宅介護支援など指定取り消し-大阪市

[5/13 医療介護CBニュース]
実際には提供していないサービスを提供したと偽って介護報酬を不正受給したとして、大阪市は4月30日付で、オオフナが運営する介護予防訪問介護と居宅介護支援事業所の指定を取り消した。また不正請求により、同日付で居宅介護支援事業所と福祉サービス事業所も指定を取り消した。不正受給した介護給付費は2300万円余り。
詳しく読む


住宅内の移動を手助けするロボット積水ハウスとマッスルが来年実用化

[5/14 日刊工業新聞]
積水ハウスは2017年内にも、被介護者の住宅内移動を支援するサービスロボットを実用化する。マッスル(大阪市中央区)と共同でロボ本体を開発。ロボに人を乗せて部屋間を移動できるよう本体のコンパクト化を進め、ロボに対応した廊下の幅や間取りを検討する。16年秋をめどに試作機を完成して実証に着手する予定。
詳しく読む


本テーマに関係する関連記事まとめ