介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

465 views

介護福祉事業者 おすすめ助成金のまとめ

有料老人ホーム、サ高住、デイサービス、訪問介護向け


制作:経営会議ドットコム 編集グループ

特定求職者雇用開発助成金


◇どのような場合に:
ハローワーク等の紹介で、母子家庭の母や60歳以上の方を雇用した場合
◇助成金例:60万円
◇受給難易度:高

◇詳細資料:「特定求職者雇用開発助成金」詳細資料をご覧ください。

試行雇用奨励金(トライアル雇用奨励金)


◇どのような場合に:
ハローワーク等の紹介でトライアル雇用した者を、3ヶ月後に常用雇用へ切り替えた場合
◇助成金例:12万円
◇受給難易度:低

◇詳細資料:「トライアル雇用奨励金」詳細資料をご覧ください。

職場定着支援助成金(雇用管理制度助成)


◇どのような場合に:
職員の定着・確保を目的として、「雇用管理制度整備計画」を労働局に提出し、計画内容を実施した場合
◇助成金例:
「評価・処遇制度」「研修体系制度」「健康づくり制度」「メンター制度」を導入、実施により最大100万円
◇受給難易度:普通

◇詳細資料:「職場定着支援助成金(個別企業助成コース)のご案内」をご覧ください。

職場定着支援助成金(介護福祉機器等助成)


◇どのような場合に:
介護関連事業主が、職員の身体的負担を軽減するため、介護福祉機器の導入計画を労働局に提出し、計画内容を実施した場合
◇助成金例:
導入費用の1/2(上限300万円)
◇受給難易度:普通

◇詳細資料:「職場定着支援助成金(個別企業助成コース)のご案内」をご覧ください。

キャリアアップ助成金


◇どのような場合に:
キャリアアップ計画を労働局に提出した上で、非正規雇用の職員を、正規雇用へ転換した場合
◇助成金例:
正規雇用への転換1名につき50万円(1年度1事業所当り15人まで)
◇受給難易度:低

◇詳細資料:「キャリアアップ助成金パンフレット」をご覧ください。

企業内人材育成推進助成金


◇どのような場合に:
事業内職業能力開発計画を作成し、職員に継続的な教育訓練を実施した場合
◇助成金例:
制度導入時に50万円、育成1人当りにつき5万円
◇受給難易度:低

◇詳細資料:「企業内人材育成推進助成金リーフレット」をご覧ください。

キャリア形成促進助成金


◇どのような場合に:
介護福祉士等の資格取得を目的に、厚生労働省が指定した講座(専門実践教育訓練)を職員に受講させた場合

◇助成金例:
賃金助成1人1時間当り800円、経費助成2/3
◇受給難易度:低

◇詳細資料:「キャリア形成促進助成金パンフレット」をご覧ください。

高年齢者雇用開発特別奨励金


◇どのような場合に:
ハローワーク等の紹介で65歳以上・週20時間以上勤務の職員を採用した場合

◇助成金例:
週30時間以上勤務なら、1人につき90万円
◇受給難易度:高

◇詳細資料:「高年齢者雇用開発特別奨励金のご案内」をご覧ください。

助成金受給の計画作成や申請は、社労士さんに依頼するのがスムーズです。

経営会議ドットコム掲載のプロキャリ社会保険労務士事務所では、初期費用完全無料(成果報酬)により、最適な助成金の選定コンサルティングから受給申請代行までを一括で行います。(支援エリア:関西、30社限定)
ご希望の場合は、下記の申込書を返信してみて下さい。

*「助成金受給申請代行お申込み書」のダウンロードはこちら*

助成金受給申請代行お申込み書

本テーマに関係する関連記事まとめ