介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

800 views

こうしてあなたの会社のエースが引き抜かれる!

Aクラス社員なら「30歳400万円」は中小企業でも最低ライン


制作:福田 秀樹氏 (特定社会保険労務士/株式会社福田式経営研究所 代表取締役)

こうしてあなたの会社のエースが引き抜かれる!

こうしてエースが外部からアタックを受ける!


福田製作所は社員数70人の中小企業。最近業績が芳しくない。そんな福田製作所に社長が1週間、夜も眠れない出来事が起こった。

「株式会社テクノスタッフ(以下、T社)と申しますが、技術営業部 主任 の桜井さんおられますか?」

「いつもお世話になります。少々お待ち下さい」

(誰もスカウトの会社と知らないのでつなぐ)

桜井「ハイ、桜井です」

T社「桜井さんのご経歴に興味を持ちまして、お電話を差し上げました。今度、京都駅のグランビアホテルでお会いいたしませんか。」

桜井「はあ、何の電話ですか?」

T社「当社は人材紹介会社です。桜井さんのような年齢・経歴の方の新しい活躍の場をご提供し、キャリアアップのお手伝いしています」

桜井「はあ、ところで、なんで私に・・」

T社「貴社のホームページです。是非一度お会いさせてください。」

桜井「わかりました。一度お話だけお聞きします」

桜井は今風のイケメンで、採用のホームページで「活躍する先輩」として、写真入りで紹介されている。現在30歳。新卒で入社して8年目の社員である。昨年結婚して、今年子どもが生まれた。給与は月給26万円、賞与は2か月分弱、年収360万円程度であった。会社の現在の業績はパッとしないが、社長は桜井には大いに期待している。

T社からの条件は大手企業のH製作所からのオファーに基づくものだ。月給31万円、賞与は年間約4か月分で年収480万円。業績によっては年収500万円以上になるという。

桜井は自分の市場価値を再認識することとなった。

桜井はその晩、早速、奥さんに相談した。

「えー、大手企業のH製作所ってすごいやん。年収もめっちゃあがるし、あなたの小遣いも増えていいんちゃうの。これでマイホームも本格的に探せるね!」

桜井が退職届を提出したのはその日から1か月後であった。

新卒 30歳 男性社員には400万円以上は必須である


新卒で30歳、主任を任せられるような人材は、おそらく給与の何倍も稼いでいるはずだ。

このような人物は将来の課長や部長になるのだから、その人材が抜かれるということは、中小企業でも億単位の損失だ。痛いというどころの話ではない。

いま、このような引き抜き行為が頻繁に行われているのをご存じだろうか。ホームページから実名をなくそうかと議論されているぐらいだ(しかし、採用のためには実名を出したほうが絶対効果があるので悩ましいところ)。

大手企業がその知名度と労働条件を打ち出して、人材紹介会社を通じて引き抜きを実行してくる。グローバルに戦う大手企業、中堅企業もいま若手の優秀な営業マン(英語・中国語ができるとさらにOK)、優秀な技術者が不足している。人材獲得競争に必死なのだ。

定着は給与だけで決まるわけではないが、業績の有無にかかわらず、Aクラスの社員は「30歳 年収400万円」は中小企業であっても最低ラインだ。

有能な人材があなたの会社に定着してくれる根拠をできるだけ用意しなければ、人材獲得競争には勝てなくなる。年末に社内を総点検し、来年の昇給に備えたい。

*福田氏が顧問を務める「労務顧問サービス」の資料ダウンロードはこちら*

労務顧問サービス資料ダウンロード

本テーマに関係する関連記事まとめ

  • 混合介護の現状と今後の展望混合介護の現状と今後の展望 11月10日に小池百合子東京都知事が都内の介護施設を視察した際、「混合介護を都内で解禁するよう国に働きかける」と特区として実施したい考えを明らかにしました。それ以前にも公 […]
  • EPA介護福祉士候補者受け入れ 先駆者たちの現在地EPA介護福祉士候補者受け入れ 先駆者たちの現在地 2017年7月より「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」が施行され、多くの外国人が日本の医療・介護現場で働くことが見込まれています。 EPA(経済 […]
  • 給与前払い制度がパートアルバイトの離職率改善に貢献給与前払い制度がパートアルバイトの離職率改善に貢献 労働人口の不足で優秀な人材の確保が難しい昨今、社員の定着率改善施策に企業の関心が集まっています。その中でもパート・アルバイト社員の離職率改善に貢献すると考えられる「給与前払い […]
  • 店長・課長に残業代を払う時代に備えよう店長・課長に残業代を払う時代に備えよう 働き方改革、過重労働撲滅の議論がさかんである。これからは36協定の限度基準の遵守が必須となる。その延長戦上に待っていることがある。それは「名ばかり管理職」問題である。 […]