介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

346 views

BtoB企業が活用したい3つのウェブ集客法

意外と活用できていない“今さらツール”


制作:経営会議ドットコム 編集グループ

BtoB企業が活用したい3つのウェブ集客法

BtoB企業には、BtoC企業よりも1件当たりの契約単価が高く、少ない顧客数でも経営が成り立つという側面があります。

そのため、“インターネットは手間がかかるから、既存のターゲットに直接売り込みをかけるからそれでいい”という考え方に陥りやすく、新規ユーザーをインターネットで獲得しようと本気で取り組んでいる企業は案外少ないように感じます。

ビジネスマッチングのサイトを活用する企業は年々増えてきていますが、同業者との相見積競争が前提になっているサイトも多く、経営的に魅力のある案件の確保につながりにくいという点もあります。

もしそのようなWEB集客に真剣に取り組む企業が少ないBtoB業界で、価格競争に巻き込まれないインターネット集客の成功モデルをいち早く築くことができれば、その企業はライバル企業と比較して圧倒的・飛躍的に成長することになるのかもしれません。

今回はそのようなお考えの企業の皆さんに参考にしていただければという観点で、まだまだ活用されていないWEB集客手法についてふれてみたいと思います。

今さらのバナー・ディスプレイ・パネルタイプの広告活用を考えてみる


Webサイト上に画像が表示される広告で、サービス名、商品、オファー、キャラクター、キャッチコピーなど内容はさまざまです。クリックすると、広告主が誘導をしたいサイトに移動します。

最近ではあまりにインターネット広告があふれかえっている現状もあり、サイト閲覧者が「見たくないサイトに誘導されるのではないか」と感じるため、クリック率が低下しているようです。

そのため、商品やサービスそのものを広告するのではなく、“一方的な売込み”と感じにくいサイト閲覧者にとって有益な“オファー”を提供するタイプのものが増えてきたように思います。
具体的にはBtoB商材であれば“ノウハウ集と題した小冊子”や“無料セミナー案内”、“成功事例集”などのプレゼント企画が有効かと思います。

またシステム販売会社や経営コンサルティング会社などでは、“無料モニター募集”、“無料診断レポートのご提供”などが有効です。

バナー広告は掲載位置で反応率が変化する


バナー広告などはサイト内のどの位置に掲載されるかでクリック率が変化します。
当然のことながら複数個所あれば、クリック率は高くなります。

コンテンツ量が多いサイトの場合は読み手が特に関心を持ちやすい部分の近くに広告が掲載されている方が有利ですし、その点を確認することが大切です。
近年はヒートマップという技術も登場しており、カーソルの位置から、サイト上のどこに読み手の視線があるのかを推測することも一定レベルでできるようになっています。

バナー広告についてはデザインを作成してくれるWEB業者であるかも確認しておく必要があります。
少しでも反応率が高くなるようなデザインやキャッチコピーを真剣に考えてくれる相手か否かもパートナー選定には欠かせない要素だと思います。

>>経営会議ドットコムおすすめ【小売業向けマーケティング資料】

本テーマに関係する関連記事まとめ