介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

120 views

BtoB企業のインバウンドマーケティングとは

リード客が定期的にサイトを訪問する状況を作るために


制作:経営会議ドットコム 編集グループ

BtoB企業のインバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングが注目されてきた背景


WEB集客施策の効果に課題や問題があるという回答した企業の割合は、ある調査結果によれば約7割にものぼるようです。
その原因は分かりませんが、インターネットの普及により、広告以外の情報収集経路が格段に増えたため、広告効果が低下したことにあるのではないでしょうか。

そんな中で、やみくもに広告を展開するのではなく、ターゲット自らに問い合わせをしてもらうことを目的としたインバウンドマーケティングが注目されています。

インバウンドマーケティングとは何なのか。その特徴や活用方法についてご紹介します。

低迷するアウトバウンドの代替策としてインバウンドの考え方が主流に


インバウンドマーケティングでは商品やサービスの顧客となり得るターゲットが、自社の課題や問題を解決しようとインターネット上で、検索エンジンやソーシャルメディアを用いて情報を取得する行動に焦点を当てています。

言い換えれば、ターゲットに見つけてもらうことを前提にしたマーケティング手法ということになります。

対して、アウトバウンドマーケティングやアウトバウンド営業はテレビコマーシャル、FAXDM、郵送DM、営業マンの電話コール、飛び込み訪問などの従来手法を使った”顧客に強引に見つけさせる”活動を指します。

近年は先述のように商品やサービスに関する情報をいつでも、誰でも入手しやすい環境となったため、広告に対する企業の広告に対するリテラシーが向上し、アウトバウンド型のマーケティングや営業は苦戦する傾向が強いようです。

実際、10年以上前に花形手法であったFAXDM・郵送DMの反応率は、格段に下落しています。

本テーマに関係する関連記事まとめ