介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

467 views

介護ソフトの乗り換え・データ移行が成功する条件とは

使えない介護ソフトから乗り換えて50%経費削減する方法


制作:経営会議ドットコム 広告企画グループ

経営会議ドットコムよりワンポイント

介護ソフト「まもる君」
「使いやすさ」と「低価格」で業界一を目指した介護保険請求ソフト

まもる君

介護ソフトの乗り換えで月額料金を50%以上削減する方法

今お使いの介護報酬ソフトから、低料金で快適に使える介護ソフトへ乗り換える時、最大のネックになってくるのは、これまでのデータが新ソフトでそのまま使えるかどうかです。
低料金をうたう介護保険業務管理ソフトにめぐりあっても、データの引き継ぎが出来なかったり、データ移行に膨大な手間や費用がかかってしまって、せっかくの買い替え計画も断念される通所介護事業者や訪問介護事業者が多いと伺います。

今回は介護ソフトの乗り換え時、最大のネックとなるデータの引き継ぎについて、簡単・手間いらずに移行が成功するために、新しいソフトウェアに何を求めるのか、そんな話をして参ります。

ソフトウェアについて、少し回りくどい話になるかもしれませんが、よくお読み頂くと分かる内容です。
移行できれば、最大で93%以上の経費削減に成功した事例もあると聞きます。

人手不足により、介護事業所を取り巻く経営環境は依然として厳しいものがあると伺いますが、こんな時だからこそ、知恵を絞って切り詰めるべき経費は切り詰めていく。介護ソフトの突然の大幅値上げに絶句されている介護・福祉事業者、全ての経営者の方々にお読みいただきたい内容です。

介護ソフトのデータ移行は難しくない


介護ソフトに格納されているデータベースとは、利用者や事業所、保険者、担当者など、特定のテーマに沿ったデータを集めて管理し、容易に検索・抽出などの再利用をできるようにしたものです。

データベースとは?

データベースの詳しい構造の説明は割愛するとして、今回のテーマとなっているデータ移行については、旧介護ソフトのデータベースを、新介護ソフトへ引っ越す事が可能かどうかという事です。

データベースに保存されたデータについては、介護ソフトにかかわらず汎用性の高いCSV形式での入出力に対応したソフトが多く、異なる種類の介護ソフト間のデータ移行に使われることが一般的です。
CSVデータを旧ソフトから新ソフトへ引っ越すこと。最大にして唯一の難所です。

旧介護ソフトから新介護ソフトへのデータ移行

本テーマに関係する関連記事まとめ