介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

210 views

「成果」を追わず、「成長」を追い求めよ


制作:プロキャリ社会保険労務士事務所 社労士 佐藤 東

「成果」と「成長」の違いというものを最近感じます。

大切なのは、
「成長にしっかりと軸足を置くことで、成果に振り回されない」
ということでしょうね。

成果は目に見えやすいもので、
他者からも簡単に評価できます。

しかし、成長とは本人の内面に蓄積されるものであり、
他者からは簡単には判定できません。

その結果、
「成果だけを見た周りの評価に振り回される」
という事態を招きます。

自律したビジネスパーソンと呼べる人は、

「他者評価(特に良い評価)は当てにせず、真に受けない。それよりも、自己客観視に基づく自己評価を重視する」

というスタンスを持っています。

これを私は、「自己評価優先理論」と呼んでいます。

しかし、しっかりとした評価軸を持って自らを評価するというのは、たやすいことではありません。

そのためには、
まずは明確な目標設定(何がどこまでできれば自分なりに成長したとみなせるのか?という物差し)が必要です。

形だけの成果で満足してしまうと、そこで成長は止まります。
逆に、自分の中でしっかりとした評価軸を持っていれば、成果が出ていないからと変に焦る必要もありません。

周りの評価に流されることなく、
「自分自身で自己の成長ポイント(変化点)を語れるかどうか?」
が、その人の成長を図る目安になります。

*資料ダウンロードはこちら*

記事の執筆者、佐藤東氏が行う、介護事業所向け「雇用関連助成金の申請代行サービス」の資料は、こちらからダウンロードが可能です

[contact-form-7 404 "Not Found"]

本テーマに関係する関連記事まとめ

  • ピーターの法則ピーターの法則 【ピーターの法則】 「すべての人は昇進を重ね、おのおのの無能レベルに到達する。ピーターの必然―やがて、あらゆるポストは、職責を果たせない無能な人間によって占められる […]
  • 正面の理 側面の情 背面の恐怖正面の理 側面の情 背面の恐怖 元弁護士で先日亡くなった中坊公平さんが残した、 人を動かすための3つの要素です。 「正面の理」は、理路整然と道理にあった理詰めの付き合いや指示を出すことを言い […]
  • 電気代を大幅削減する20の方法(工場・店舗編)電気代を大幅削減する20の方法(工場・店舗編)  工場やホテル・旅館・温浴施設は一般家庭とは比較にならないほどの電気を消費しており、電気料金のコントロール、光熱費の削減は経営上、とても重要なテーマです。 […]
  • 在宅主婦が活躍するクラウド型コールセンターが秘めた成長性とは在宅主婦が活躍するクラウド型コールセンターが秘めた成長性とは クラウドソーシング型事業が注目される背景 少子高齢化の進行で我が国の労働力人口が減少していくことが深刻な社会問題となっています。政府や企業も高齢労働者の“雇用継続制度” […]