介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

383 views

給料カットだけでない人件費削減策(13) パートタイマーの働き方


制作:経営会議ドットコム 編集グループ

人件費削減方法まとめ(1)

1. パートの仕事はタイプに分けて考える

①定型的業務-単純労働、繰り返し労働など。マニュアルを整備して定型化する。②専門職型-資格など一定の能力に限定して採用する。③キャリアアップ型-正社員と同様に育成する。

 

2. パートタイム労働者を活用する

パートタイム労働者の多くは女性である。「家庭と仕事を両立させる」「仕事を続けたい」そのような要望をしっかり受け止め、家庭と仕事の両立を支援する制度が不可欠である。パートの戦力化、効果的活用を考えることによって会社の負担を大幅に減らすことができる。

 

3. 短時間正社員制度をつくる

パートの中には「移動がない今の働き方で好きな仕事に専念したい」という人もいる。将来の結婚や出産のことを考えて、正社員転換制度とは別に、短時間正社員を創出して戦力化を図り、負担軽減を実現する。

 

4. モザイク職場化を進める

正社員、契約社員、派遣社員、パートなど、色んな雇用形態の人がともに働く「モザイク職場」が増えている。個人の希望に合わせて雇用形態を柔軟に選択できるようにすることで、個人の能力の発揮と会社負担の削減の双方が実現できる。

 

5. 非正規社員の職務領域を拡大する

非正規社員の職務領域を拡大することで、人件費を削減することができる。正社員の一般職の採用を非正規社員に置き換えたり、個人の希望によっては一般職として採用した社員を総合職に転換する。

 

6. 非正規社員に能力給を導入する

非正規社員にも、職務の違いや人事考課を時給に反映させるようにする。単純作業よりも専門職などの方が時給が高くなるように設定し、個人のやる気を引き出すとともにコスト削減と業績拡大につなげる。

 

本テーマに関係する関連記事まとめ

  • 混合介護の現状と今後の展望混合介護の現状と今後の展望 11月10日に小池百合子東京都知事が都内の介護施設を視察した際、「混合介護を都内で解禁するよう国に働きかける」と特区として実施したい考えを明らかにしました。それ以前にも公 […]
  • EPA介護福祉士候補者受け入れ 担当者が現状を語るEPA介護福祉士候補者受け入れ 担当者が現状を語る 厚生労働省の試算によると、今の団塊の世代が75歳以上になる2025年度までに、約253万人の介護職員が必要といわれています。しかし供給見込みは約215万人、およそ38万人もの […]
  • 給与前払い制度がパートアルバイトの離職率改善に貢献給与前払い制度がパートアルバイトの離職率改善に貢献 労働人口の不足で優秀な人材の確保が難しい昨今、社員の定着率改善施策に企業の関心が集まっています。その中でもパート・アルバイト社員の離職率改善に貢献すると考えられる「給与前払い […]
  • 店長・課長に残業代を払う時代に備えよう店長・課長に残業代を払う時代に備えよう 働き方改革、過重労働撲滅の議論がさかんである。これからは36協定の限度基準の遵守が必須となる。その延長戦上に待っていることがある。それは「名ばかり管理職」問題である。 […]