介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

1,022 views

国内最大のクエン酸メーカーとしての地位を確立する昭和化工株式会社


制作:経営会議ドットコム 広告企画グループ

有機酸・無機薬品・化成品・染料中間体・機能性材料・局方品・試薬・バイオ製品等の開発、製造、販売を行う昭和化工株式会社(大阪府吹田市)は、創業1918年(大正7年)、今年98年目となる会社です。

 

同社が開発・製造・販売を手がけるクエン酸は、梅やレモンなどに多く含まれている有機酸の一種で、これらの果物の酸味主成分です。人間の体内にはクエン酸サイクルというものがあり、クエン酸には、このクエン酸サイクルの活動を促進して、疲労素である乳酸の生成を減少させるなど、疲労回復・健康増進に重要なはたらきがあります。

しかし昨今の食生活では、このクエン酸を摂取し難くなってきています。それを手軽に摂取して頂ける様にと、小分け包装した「クエン酸」、さらには抗酸化作用を持つビタミンC を加えた「クエン酸 C」という形で提供しています。

 

同社は鹿児島県鹿屋市で、さつまいも澱粉粕を原料とする固形培養方式の発酵法による国内クエン酸の製造をおこなっています。発酵からの一貫生産は国内唯一、ISO22000取得により、食品安全への取り組みを強化し、国産クエン酸を「安心・安全」と共にお届ける国内最大のクエン酸メーカーとしての地位を確立しています。

 

天然梅干ほど高価でなく、手頃に飲用でき、且つ、様々なレシピでも使える、使用用途豊富で、代謝改善、通風予防など体質改善に貢献出来ます。(個人差はあります)

問い合わせは、昭和化工およびグループ各社の「問い合わせ」フォームよりどうぞ。

昭和化工株式会社:http://www.showakako.co.jp/
サツマ化工株式会社:http://www.satumakako.co.jp/
九州化工株式会社:http://www.kyushukako.co.jp/

 

本テーマに関係する関連記事まとめ