介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

5,427 views

スーパーの人件費削減に効率的なシフト管理を実現するツール

LSP手法と人時生産性向上、総額人件費管理


制作:経営会議ドットコム 広告企画グループ

中小スーパーマーケット、食品スーパーを取り巻く環境は、惣菜を強化したコンビニエンスストア、食料品を強化したドラッグストア及びディスカウントストアの登場による競争、コスト面でみれば、人件費、光熱費、物流費、建築費の上昇が各社の経営を圧迫し、総じて厳しい状況が続いています。

 

人件費については、パート社員中心の雇用を行ってきたイトーヨーカ堂が180度方針転換し正社員中心へシフトした例にもれず、景気回復による人手不足が深刻化し、処遇改善により人件費が高騰、経営を圧迫する見過ごすことの出来ない課題となっています。 特にブラック企業という言葉と共に、インターネットやマスコミにて一部企業の常識を逸脱した過酷な労働条件が問題とされ、働く側も、雇用する側も法令遵守の意識が芽生えており、人件費上昇に拍車をかけています。

つまり個別給与額の上昇を注視しつつ、法令遵守を含めた労働環境を整備すると共に、人時生産性を高め無駄のないシフト管理を行って、総額人件費をコントロールする現場のマネージメント力がスーパー各店の収益状況を決するでしょう。

 

今日は、人時生産性を高め、総額人件費をコントロールする、アイビーエス有限会社(本社:北海道旭川市)の適正人員配置システムのご紹介です。

 

総額人件費コントロールの観点


総額人件費の算式は

  ・総額人件費=1人当り人件費✕人員数

ですが、パート社員の多いスーパーマーケットの現場なら、この方がわかりやすいでしょう。

  ・総額人件費=時間当りの人件費単価✕総労働時間数

現状、時間当りの人件費単価は上昇ラインを描く中、ポイントは人時生産性を高め、限られた人数で現場を回して総労働時間数を削減することです。

人時生産性を高め、総労働時間を削減する手法に、LSP(レイバー・スケジューリング・プログラム)があります。これは日別・時間帯別の予想客数を割り出し、その仕事量に応じて人を配置する仕組みです。
こう書けば、「なんだ、当たり前ではないか」と感じる方もいるかと思われますが、多くのスーパーでは「その日に出勤している人に作業を付ける」という逆転現象が起きています。作業に人を付けるのではなく、人に作業を付けるから、現場には様々な無駄が発生し、不必要な人件費が発生してしまいます。
特に、少し大きめの店になりますと、鮮魚や惣菜、パン、肉を店内加工しており、40人~80人のスタッフがいる大所帯で、店長に人件費をコントロールする技がなければ、そのまま店の収益状況に直結します。

本テーマに関係する関連記事まとめ