介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

993 views

給料カットだけでない人件費削減策(1) 「ムダ・ムラ・ムリ」を省くことがポイント


制作:経営会議ドットコム 編集グループ

人件費削減方法まとめ(1)

人件費の削減は経営の根幹に関わる部分であり、従業員の「やる気」を引き出し、成果を上げてこそ意味を持つ。「ムダ・ムラ・ムリ」を省くことがポイント。

1. 就業時間=実働時間に

始業時刻には制服(作業服)に着替え、作業に取り掛かる体制になっておかなければならない。そのことを就業規則に明記する。始業時刻にタイムカードを押していれば良い、終業10分前から帰る準備を始めるなどは人件費の無駄遣いに直結する。

 

2. 業務システムで「ムダ・ムラ・ムリ」を避ける

・ムダを出さない(作業手順を人間の身体の動きに合わせる)
・ムラをなくす(ムラが出たときに作業ラインが自動停止するような仕組みを整える)
・ムリをさせない(作業者に無理な仕事、危険な仕事を避ける。)

 

3. ノー残業デーを設定

設定するだけでなく、幹部自ら守ることがポイント。

 

4. 強制的に電気を消し残業を禁止する

規定の時間になったらフロアの電気やパソコンの電気を強制的に切る。労働基準監督書は残業の有無をパソコンのログなどでチェックするため違反防止にも効果的。

 

5. 得意先への出向を有効活用する

社員を得意先に出向させることで人件費を負担してもらう。負担軽減に加え、出向者の能力開発や得意先との更なる関係構築などのメリットもある。

 

本テーマに関係する関連記事まとめ