介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

9,168 views

公開日:2015年5月22日

介護施設経営者のためのケアマネを自施設の営業のプロフェッショナルに変える方法


制作:経営会議ドットコム 編集グループ

ケアマネを自施設の営業のプロフェッショナルに変える方法

ケアマネージャーは介護福祉業界における営業・集客のキーパーソンであることは、周知の事実であり、どの介護施設も日々ケアマネージャーへの営業活動に試行錯誤を繰り返しています。今回は、そのようなデイサービスをはじめとする介護福祉施設においてケアマネージャーに自施設を魅力的にご利用者に紹介していただく手法についてご紹介していきます。

まず結論から言ってしまえば、自施設の魅力を紹介するための小冊子を作ってしまうことが一番の近道かと思います。
小冊子の中身は、「その冊子を使えば、どんな人でも効果的に、施設の魅力を説明できる」ように工夫されたものである必要があります。
そのような練りに練られた小冊子は、外部ケアマネが入居者に説明する際や、見学に来た方がご家族に説明するときに大きな効果が期待できます。
小冊子を作るときのポイントの手順で進めることです。

>>チラシ・DMに代わる介護施設の広告媒体特集

まずは“介護施設が位置する地域の魅力を整理する”次に“介護施設の周辺エリアの魅力について整理する”最後は“介護施設自体の魅力を整理するという手順で進めるとよいでしょう。

介護施設周辺に関する魅力について触れること自体が他社の施設と大きな差別化になります。一般的に介護業界ではそのような観点で整理された営業ツールが少ないことに加え、細部のエリア情報自体が独自性の高い情報になることがその理由です。
これらの情報はいくら内覧会の際にケアマネージャーに伝えようとしても、正確に記憶していただける保証はありませんし、むしろそのようなことを期待すること自体が非現実的な話です。だからこそ、無駄な作業のように見えても、自分たちで苦労して整理する値打ちがあり、他者施設との大きな差をつけるポイントとなります。

本テーマに関係する関連記事まとめ

  • 昔は社長宛ての怪文書、今はネットに投稿昔は社長宛ての怪文書、今はネットに投稿 10年位前までは、社長宛てに「怪文書」が届く事が多かったです。立場上、社長室でこそっと、その手紙を見せられ相談されます。 […]
  • ライバル会社への「営業秘密」漏えいを防ごうライバル会社への「営業秘密」漏えいを防ごう 企業にとってのコアノウハウ・コア情報は「営業秘密」として法的に保護されます。多額の投資をして行った調査研究・開発情報などです。それが簡単に漏えいしてしまうと企業にとって大 […]
  • 中小企業の本音の”日当”の払い方中小企業の本音の”日当”の払い方 日当というのは「旅行中の昼食費及びこれに伴う諸雑費並びに目的地である地域内を巡回する場合の交通費をまかなう旅費」とされています。つまり、実費相当分ということなので、所 […]
  • 年俸1700万円の医師に残業代を払う時代の賃金管理年俸1700万円の医師に残業代を払う時代の賃金管理 年俸1700万円の医師が残業代の請求訴訟で最高裁まで争い、判決が出ました(平成29年7月7日最高裁ウェブサイト掲載)。医療法人と医師との間の雇用契約にて、時間外労働等 […]