介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

2,431 views

「いま、ケアマネジャーが求めている情報」に関する調査結果

ケアマネジャーが重視しているのは「医療との連携」


制作:経営会議ドットコム 編集グループ

ケアマネジャーは、 業務上、 多くの情報を必要としています。 介護関連メディア事業を手掛ける株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:別宮 圭一)は、 運営するウェブサイト『ケアマネジメント・オンライン』の会員ケアマネジャーに対して、 普段の情報収集の方法や今後特に収集に力を入れたい情報について、 アンケート調査を行いました。

回答したケアマネジャーの業務経験年数は「10年以上」が209名(30.9%)で最も多く、 次いで「6年以上10年未満」204名(30.2%)が続きました。 所属している事業所は、 「居宅介護支援事業所」が499名で73.8%を占めました。 また、 現在担当している利用者の数は、 平均26.06名でした。

>>経営会議ドットコムおすすめ【競合と差がつく介護の現場IT化特集】

調査結果ポイント


●要介護認定を受けることになった経緯「加齢を理由に、 医療機関と関係なく」が最も多い
●医療関係者との関わりが増えたことを実感しているケアマネジャー多数
●これからも多くのケアマネジャーが医療との連携を重視する方向へ
●6割のケアマネジャーが「見守り」に関するインフォーマルサービスの知識・情報を求めている

調査概要


期 間:2015年4月1日~2015年4月9日
方 法:インターネット調査
対 象:『ケアマネジメント・オンライン』の会員ケアマネジャー
回答数:676名

本テーマに関係する関連記事まとめ