介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

42,415 views

製造業・工場の経費削減(コストダウン)の方法18まとめ

削減効果、導入費用、導入ポイントを簡単まとめ


制作:経営会議ドットコム 編集グループ

製造業・工場の経費削減(コストダウン)の方法18まとめ

1.インバータ照明導入


◇削減効果(コストダウン度) 
 月々の電気代が約50万円の場合、削減額は月々4万円程度です。
◇導入費用
 小型食品スーパーのケースでは初期費用が150万円程度。電気代削減による初期投資回収期間は3年半を想定しています。
◇導入時のポイント
 一部の先進的な大手企業で導入が進みつつあるが、一般的には知られていない技術です。リース契約もあります。

2.LED照明導入


◇削減効果(コストダウン度) 
 長寿命化による工賃の低下及び水銀灯と比べて約80%の省エネになります。また、熱をほとんど持たないことから夏場の空調コストの削減にも寄与します。
◇導入費用
 取付施設、場所によって異なる
◇導入時のポイント
 取り付けに際し補助金が出る場合もあるので、有効に活用することをおすすめします。

3.照明の間引き点灯


◇削減効果(コストダウン度) 
 一番手軽な電気代削減手段。水銀灯からLEDへの付替と合わせて考えると、消費電力の半分以上を削減することができます。従業員の省エネに対する意識改革にもなります。
◇導入費用
 特になし
◇導入時のポイント
 社内での取り決めを行うこと。デスクランプを用意するなど組み合わせも必要。

4.空調設備の性能回復(金属修復技術)


◇削減効果(コストダウン度) 
 10~20%の電力削減効果
◇導入費用
 投資回収年数1年程度
◇導入時のポイント
 エアコン稼働時間が長いほど、性能回復効果は大きくなります

>>資料「金属修復技術を活用した、冷凍・空調設備の新しいメンテナンス方法」は、こちらからダウンロードできます

5.仕事量を減らす


◇削減効果(コストダウン度) 
 古い慣例がそのまま残り、無駄な仕事をさせていないでしょうか。例えば社内のIT化を進めるだけで仕事量が減り、残業がなくなったり余った時間を他の重要な仕事にまわすことができます。
◇導入費用
 特になし
◇導入時のポイント
 部署内でひとりひとりの仕事を洗い出しましょう。

6.時間あたりの人件費を減らす


◇削減効果(コストダウン度) 
 一見複雑に見える仕事を簡略化、マニュアル化することで、アルバイトやパートに任せることができます。そうすると人件費が下がります。
◇導入費用
 人材募集の時の広告費など
◇導入時のポイント
 部署内でひとりひとりの仕事を洗い出しましょう。

7.労働生産性を上げる


◇削減効果(コストダウン度) 
 工場内の機械化を進めることが代表的な例ですが、まずは小さいことから。保管場所の整理や保管場所の移動などを細かく改善していくことで、労働生産性は上がります。
◇導入費用
 特になし
◇導入時のポイント
 日々の改善活動の結果なので、従業員の意識づけが必要です。

>>エアー不要の電磁式刻印機(MULTI4)で省エネ&省コストと労働生産性向上を実現

8.自動化


◇削減効果(コストダウン度) 
 今まで人がしていた作業を機械(ロボット)に任せる。生産性が格段に上がるだけでなく、人件費を抑えることができます。
◇導入費用
 初期投資、減価償却費用。
◇導入時のポイント
 導入したが、時代の流れとともに使えなくなったということがよくありますので、十分に検討しましょう。

9.外国人研修制度の利用


◇削減効果(コストダウン度) 
 海国際貢献と海外の技術力アップに寄与する目的で、外国人研修制度があります。これを利用することで人件費を下げることができます。海外法人がある場合などに有効です。
◇導入費用
 研修内容によります。
◇導入時のポイント
 人件費削減のみを目的とする導入が広がり、様々な問題点が出てきていますので、悪用しないように注意しましょう。

10.人材派遣の利用


◇削減効果(コストダウン度) 
 必要な時だけ契約し、業務を依頼することができます。新規事業が始まったとき、繁忙期など一時的に人員を増やしたい時に有効です。
◇導入費用
 通常の人件費に加え、人材派遣会社へのマージンが必要です。
◇導入時のポイント
 中小の派遣会社だと、値下げ交渉が出来る場合があります。また、業務を依頼する人のスペックなどにより、最適な仕事を任せるようにしましょう。

本テーマに関係する関連記事まとめ