介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

2,646 views

スーパーマーケット・ドラッグストアの集客力を活かした副収入の稼ぎ方

初期投資なし、負担ゼロで稼ぐ30の方法|場所を貸すだけで稼げる副収入


制作:経営会議ドットコム 編集グループ

1.カメラの自動撮影機

 運転免許の更新のため、写真需要が発生しやすい警察署付近では利用者が多くあります。売上の25%がスーパーマーケットやドラッグストアの副収入に。
 お店の年商や来店客数よりもむしろ警察署の近くという立地選定がポイントです。月額1万円~5万円程度の収入になるケースが多いようです。

2.ミニコミ誌や求人誌の設置料

 かなりの地方都市でも必ずミニコミ誌は存在します。ミニコミ誌は印刷会社が運営しているケースが多いですが、自前で冊子を拡散させることができないため、来店客数の多い食品スーパーやドラッグストアのサッカー台に設置してほしいと考えています。
 月額数千円程度が食品スーパー、ドラッグストアの収入になります。2000円~5000円くらいが多いように思います。
 ミニコミ誌にはクーポンが掲載されていることも多く、それを目的に来店する主婦もいますので、集客にも少しだけプラスがあります。求人広告に特化したものもあります。

3.クーポンボックスの設置

 よくあるのが、スーパーマーケットやドラッグストア近隣の飲食店やマッサージ・エステ店、美容室などのクーポン券を差し込めるタイプ。
 客層が主婦層の業態のクーポンも多く、食品スーパーやドラッグストアにとっては、クーポン欲しさに来店する主婦を集客する効果もあります。
 近隣にクーポンボックスを設置するニッチビジネスをやっている企業がない場合は自前で設置して、設置コストを徴収する方法も有効。

4.ATM

 定番中の定番のATM。コンビニは標準でATMを設置し、セブンイレブンやイオンの金融収益はグループ全体に占めるウエイトが年々大きくなっています。
 最近、スーパーマーケットでも進み始めた電気代や水道代の公共料金の収納代行とも相性が良いサービスです。設置料は大体、月額で数万円程度。取引金融機関と交渉すれば案外設置を検討してくれます。

5.紙ゴミの売却

 これは駐車場スペースなどに余裕がある店舗向けです。古紙のリサイクル業者に紙ゴミを売却するという方法。古紙相場にもよりますが、㎏あたり4円~6円で買い取ってくれます。古紙をスクラップする設備を持つ業者であれば買取に前向きに応じてくれる可能性があります。スクラップ上に古紙を持ち込むだけの業者ですと、それほど高く買い取ってくれません。紙ゴミの収集頻度が低い自治体などで設置すると、新聞や雑誌ゴミが大量に集まります。回収箱もスクラップ業者の負担で設置してもらうよう交渉すると、案外OKしてくれます。

6.貴金属買取

 少々下火になってきました貴金属の出張買取。ちなみに古物免許を持っていたとしても、出張先での買取はNGです。お客様のご自宅で買い取るか、免許を取得した場所(店舗)で買い取る必要があります。一か月間で10万円~20万円の場所代をくれる業者もあります。
 金価格の相場が急騰した場合に買取店への持ち込みが増えるため、金相場上昇のタイミングで声をかけるとうまくいくかもしれません。

7.保険ショップ

 少スペース型の保険ショップです。生命保険の中には掛け捨てタイプの医療保険など、手数料率の良い商品があります。特に国内の生命保険会社よりも外資系の生命保険会社には魅力的な商品が多いですが、一般の方には認知があまり進んでいません。
 高度なシステムを開発して、既存の契約から新契約に乗り換えた場合のメリットを瞬時に計算し、提案をする事業者も増えており、一定の需要があります。
 サンプル数が少ないですが、場所代は10万円~20万円が相場であり、継続的な収入が見込めます。

8.マッサージ機、健康機器

 高齢者に人気のマッサージ器や健康機器の出張販売。このような業者は駐車場にプレハブ店舗を設置したり、空きテナントを活用して短期間で見込み客のリストを集めることが目的です。来場者にティッシュやお米を無料で進呈するような業者もあります。
 健康機器などは“血流がよくなる”などと謳ったものも多く、高額な機器のため、信頼できる事業者かを見極めることが大切です。一か月間の駐車場の地代で30万円~50万円が多く、3か月程度の期間を希望する業者が多いです。

9.ガス・電気会社

 以前はオール電化の浸透のため、電力会社各社がよく取り組んでいました。設備工事業者とタイアップしたような企画を展開するケースもあります。スーパーマーケットやドラッグストアで多店舗展開している企業は電力会社などからすると、大口ユーザーですから、ポスターを貼るだけで販促予算を頂けたりするケースも過去にはありました。
 家庭用電力の小売り自由化が決定していますので、この動きが再燃するかもしれません。

10.クリーニング取次

 定番のクリーニング取次店。家賃は10万円~20万円。主婦層をターゲット層にしており、食品スーパーやドラッグストアと相性の良いテナントです。
 スーパーやドラッグストアが発行するポイントを連携させるパターンやレシートを持ち込むと双方で割引を行うなど、クロスクーポンを積極的に行う事例も多数あります。

>>経営会議ドットコムおすすめ【10坪で差別化できるインショップ型テナント特集】

本テーマに関係する関連記事まとめ