介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

1,192 views

遅れるサイトのスマホ対応 テレアポ代行会社が掘り当てた金脈

アポイント成功率2%のプランAを採用せよ


制作:経営会議ドットコム 広告企画グループ

遅れるサイトのモバイル対応 テレアポ代行会社が掘り当てた金脈

アウトバウンド型のテレアポ会社が、マーケティング機能を持つことで、アウトソーシング会社から企業の営業パートナーへと変貌を遂げています。

都内の印刷会社A社は社員数80名、創業時からの商業印刷に加え、最近はホームページ制作や電子カタログの受注にも取り組み、社内にデザイナーをかかえて内製できる体制です。

特長の無い企業は淘汰される


 長年のA社の業績を支えてきたのは、新聞の折り込みチラシやカタログ等の印刷物です。しかし世間の紙離れの影響をまともに受け、受注は減少する一方です。
10年あまり前より、新卒の美大生やデザイン事務所経験者を採用し、デジタルコンテンツの提案・営業にも注力して来ました。

しかし、いくら安定した取引先を持っているとはいえ、細分化、専門化された業界の中で戦うには、特長のないA社です。立ち上げ以来、企画部門は一度も黒字化することなく、「紙の印刷を受注するための必要経費だ」と、なかば諦めのような言い訳が、幹部社員からも聞こえていました。

アポ率1.5%の提案


これといった打開策が見えない中、A社の社長が立ち寄ったマーケティング展で出会った、コンサルティングとテレマーケティングを同時に支援する専門企業から、「戦略の再構築から始めましょう」と提案を受けました。
「ただし、綺麗な絵を描くだけでは意味がありません。成果が見込めるかを私達で代行、検証します。」ということでした。

コンサルタントが言うには、市場の声に耳を傾け、本当に成果性のあるものにブラッシュアップするPDCAサイクルを回し続ける事が重要で、D(実行)はダイレクトに顧客の声が拾え、結果の明確なテレマーケティングに限るという事でした。

「プランAならアポイント率1%、プランBが0.5%なら、ヒト・モノ・カネはプランAに集中投下します。」
「御社のようなホームページ制作を提案されるWEB業界やIT業界の場合、単に売り込みの電話をかけてもアポ確率は0.5%以下、これでは経費倒れです」
「WEB業界やIT業界でもアポ率1.5%と高い成果を挙げている事例がありますよ」との提案に説得力があり、さっそく後日、打ち合わせの約束をして別れました。

本テーマに関係する関連記事まとめ